使いやすい白髪染め

白髪染めには、色々なタイプがあります。クリームタイプ・ジェルタイプ・乳液タイプ・フォーム(泡)タイプなどがあります。

クリームタイプとはトレーに1液・2液を混ぜ合わせて、付属のハケで塗っていくタイプです。

これは慣れないととても使いにくいのですが、量を調整して使うことができますから、生え際だけの部分染めには便利です。ジェルタイプはボトルに1液・2液を混ぜ合わせ、ボトルに細いノズルをつけて、直接髪の毛に塗っていくタイプです。

ジェルタイプは液だれがしにいのですが、後頭部などに付ける際には年配の方にはキツイ体制になるかもしれません。乳液タイプはボトルに1液・2液を混ぜ合わせ、ボトルの先に専用のクシをつけます。そのクシの間から乳液を押し出し髪の毛に塗っていきます。

これは初心者の方でも簡単にできますし、手軽にできるのでお勧めのタイプです。そして最後にフォームタイプですが、1液・2液をボトルで合わせ専用ノズルをつけます。

ポンプ型のポンプ部分をプッシュすると泡が出でてきますから、専用手袋を付けた手に直接取って髪の毛の付けます。簡単な方法ですが、液だれをしやすいのが難点でもあります。

このように自宅用白髪染めには、色々なタイプのものがあります。自分が使いやすいと思う物を探して、自宅で簡単に染めてみましょう。

育毛シャンプーの人気商品はこちらです。

化粧水の人気商品はこちらです。

 

 

 

白髪染めランキングサイト

白髪染めのおすすめをランキング形式で紹介するサイトをオープンさせました。

市販のヘアカラータイプではなくて、髪にやさしい、トリートメントタイプを主に紹介しています。

市販のものに比べて、染まり方は弱い部分がありますが、白髪染めをしたら髪が傷んだとうことが、ほとんどなくなります。

ぢちらがいいのか、自分で考えてみて、自分にあったものを選んでください。

毛染めのコツ

髪の毛を染めるのには美容院に行って美容師さんに染めてもらうのはもちろん一番キレイに出来ます。しかし美容院も何回も通っていると予約もとらないといけないし、なかなか高額になってきますよね。

最近ではスーパーや薬局などに性能のいいヘアカラー剤がたくさん並んでいます。これなら安価ですし、自宅で気軽に毛染めが出来る事でしょう。中にはたくさんの方が試されていると思います。しかし試された方はわかると思いますが、思いのほか自分でやる毛染めにはムラが出てしまう事が多くありませんか?鏡を使って後ろを見てみてもなかなか上手にムラなく染めるのは大変です。

自宅できれいに毛染めができるにはコツがあります。まずは髪の毛にリンスなどが残っていると色ムラが出たりそまりにくくなったりするので、前日からリンス・整髪料の使用はやめましょう。そして髪の毛はフロント・サイド・えりあしに分けてヘアクリップなどでまとめておき、髪の毛の量や長さに応じてさらに小分けにしておきます。そうすることによって内側の髪の毛も綺麗に毛染め剤を塗る事ができるのです。

後頭部やサイドは染まりにくいので先に塗り始め、髪の毛の根元部分は体温で毛が染まりやすいので一番最後に塗ります。そして最後まで塗ったらラップなどでしっかりと頭を覆ってドライヤーなどで全体に熱を与えると良いでしょう。ただし、染まり過ぎないように時々髪の毛を拭いて様子を確認します。

ちょっとしたコツはありますが、慣れてしまえば自宅で毛染めをするのはとても経済的で難しいものではありません。是非挑戦してみてください。

 

毛染めとは

一言で毛染めと言っても「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「ブリーチ」があります。「ヘアカラー」は髪の毛を脱色させてから染料を毛髪の中に浸透させる方法をいいます。髪の毛に含まれているメラニン色素を同時に脱色するのでヘアカラーの染料色素の影響は比較的大きいでしょう。

カラードボーテ

ヘアマニキュアに比べると発色も良く、色が長持ちするのが特徴です。この染料の配合濃度に応じてオシャレ染めや白髪染めなどが出来ます。「ヘアマニキュア」は色素を髪の毛の表面にコーティングさせて色をつけます。なので元々の髪の毛の色素の影響が強く、大きく髪の色を変化させるものではなく、明るくしたり赤みをつけたりするのに使う方法です。

「ブリーチ」は毛髪のメラニン色素を脱色する事によって髪の毛を明るく変える方法で、色を選んだりする事は出来ませんが元々の髪質によって黄色ぽくなったり赤みがかった色になったりします。ブリーチだけは染料を使っていませんので正確には「毛染め」とは少し違った意味になるでしょう。

また毛染めとは少し違うものではカラースプレーといってヘアスプレーに顔料などを混ぜたものもあり、毛を染めるのではなく本来の毛髪の上から顔料を吹き付けるので1回のシャンプーできれいに洗い流す事ができるのです。このように髪の毛の色を変えるだけでもいろいろな方法がありますのでそれぞれの目的にあった方法が見つかるのではないでしょうか。

 

口コミ

気がつくと髪の分け目や生え際に白髪が増えてきました。
美容院で白髪染めを始めたのですが、1ヶ月くらいで直ぐに生え際の白髪が気になり毎月のように
白髪染めをしていました。染めた後の髪はツヤが無くなりパサパサ…。でも白髪が目立つ方が恥ずかしくて、
髪が傷んでも白髪染めをやめられませんでした。利尻ヘアカラートリートメントと出会ってからは、
白髪が気にならなくなっただけではなく、ツヤも復活して柔らかい髪へ戻ってきました。
髪の健康の為にも、このままずっと使い続けたいと思います。

・利尻ヘアカラートリートメントは今、大人気の白髪染めとして大好評になっています。白髪染めトリートメントは、普通のトリートメントと同じように使うことが出来ます。

利尻ヘアカラーを激安で

さてネットを利用している人って賢い買い物をされてる方が多いと思います。実際にネットで買うとどんな物でも店舗で買うより安く買える場合が多いんですね~。私がよくネットで利用するのは家族のミネラルウォーターやビール、お酒、ボディーシャンプー、スキンケア商品、などなどあります。電化製品も家電店舗で見るよりもすごく安いです。パソコンやテレビといったものは、何万も違うので、探してみると面白いですよ。

これだけ手数利用をとってるんだな~電気やさんてこんなに儲かるんだ~って思います。さて利尻昆布のヘアカラーが激安で売ってないのかと調べてみましたが、これがないのいですね~。たぶんネット限定の品物ではないでしょうか、実際にお店などで見た事がないですね、どこか売っている安かったなど知ってる場合は教えてくださいね☆

私が調べた限りはやはり利尻のサイトで購入するのが一番だと思いますね、定期購入をすれば割引で買えますし、途中でやめる事も出来るので気楽に利用できます。一度注文してしまったら、やめたくてもずーっと送られてくるというのではないので安心ですよ、一時的に止める事も出来るようです。主婦としては少しでも安く買いたいものですよね~、10円でも安い店に行くという人がいますが、私も出来るだけ少しでも安く買う方法をいろんなもので探していますよ。すごく安いものが見つかった時ってすごくうれしいんですね、これって金額がどうこうよりも、自己満足かな~って思いますね。

その他の白髪染めで人気なものを紹介します。

 

利尻ヘアカラーが染まらない?

私は白髪で気にしている人がいると、機会があった時や話が出たときに利尻昆布のヘアカラーをすすめることが多いです。私が出会った白髪染の中で一番良かったからです。すべてにおいて満足できる毛染めって実はないんです。染めりやすい強いものは、色はつくけど、でも髪のダメージが強くて、それに肌が弱いのでかぶれてしまった経験もあるほどです。特にニキビ肌や荒れ性の人だったら、普通の毛染めはやめた方がよいと言われているぐらい強いものなんですよ。利尻昆布のカラーの場合ですとほとんどの方が大丈夫なほど安全なものなんですって、でもパッチテストなど必ずしてみてくださいね、特に肌荒れがひどい人やアトピー体質の人の場合は注意が必要です。

利尻昆布のヘアカラーを友達に話す事が多いのですが、興味をもってくれる人が多いです。私の毛を見て綺麗に染まってると褒めてくれますね、どこで染めてるの?美容院?と聞かれて自分でしてるというと綺麗に染まってて髪もつやつやしてるねとお褒めの言葉をもらい気持ちのよい私。そこで、利尻昆布っていう白髪染めがあるんだけど知ってる?なんて自分の家にいる時には実際にもってきてみせる事もあります。匂いもよいね~って感じで自分もやってみるという感じですかね。

でも、、友達に勧めて感想聞いたんだけど、どうも納得がいかないようで、思ってたより染まらなかったと言います。見せてもらったら、白髪はまだわかる程度の色合いでしたね、でも続けて使うと色がついてくるし、ハットなどで保湿するのもよいよ~。トリートメントやリンス、整髪料が残っている場合、髪の毛の油がある場合、こんな場合は染まりにくくなるのかな~と私が使ってみた感想ですね。何度か使っていくうちらに納得したようです♪何よりも綺麗で髪の毛が自分の髪の毛より艶々してくるのが、綺麗なんですよ。それが一般的な白髪染めにはない点かなと思います。

 

母の使用感想です

私はいろいろな毛染めを使ってきた結果、白髪染めとして満足しているのが利尻昆布のヘアカラーです。それを母にプレゼントしました。

母が白髪を気にしだしたのは、私よりは遅かったようです。髪質や体質によって白髪が増える時期って違うものなんですね、親子なのに髪質は違います。私は父の毛質に似てると思いますが、そういえば、父の方が白髪のイメージが若い頃からだったかな。

母が白髪を気にした年齢は40代後半から、それからは白髪染めのお世話になってきているのですが、一途タイプなのでこれと決めたらずーっと同じメーカーの白髪染めを使っていたそうです。しかし数年前から地肌が敏感になってしまった毛染め液がしみるようになってからは、白髪染めはやめてしまったのです。私が利尻昆布をプレゼントしようかと思った時も自分は肌が弱くなってしまったから、毛染めはもう無理だと言い張っていたのですが、ダメだったら返してもらうから使ってみてとプレゼントしました。

使った感想は、心配だった地肌の痛みや問題は全くなかったようで喜んでいました。もうずっと染めてなかったので白髪が凄く多かったのですが、一度でかなり綺麗に染まっていましたね、じっくり見れば黒い毛との差はありましたが、本来毛が細いタイプなので、私よりも染まりやすいタイプだったのかも知れませんね。結局は使える白髪染と出会えた事に凄く喜んでもらえましたね。あきらめていた毛染めですが、毛を染めただけで若々しく見えるからすごいんですね!!!

たかが白髪ですが、表情まで明るくなったようで、周りの人にもすすめだしたというのは言うまではありませんね。゜

 

白髪染めの種類

種類がいろいろあるんですね~。一般的のタイプは液体です。混ぜて使うものがほとんどだと思います。

そして今人気が集まっているのがありますね、泡タイプのまま使ったり、シャンプーするように泡立てるもの、いろいろあるようです。成分もいろいろあります、強いものですと肌が弱い人の場合ですとひどい肌荒れになってしまうと聞いた事がありますので、アレルギー体質、肌が弱い人は気をつけて、絶対にパッチテストを受けてから使用してくださいね。

パッチテストは今までなんともなかった人でも、ある日からアレルギーになるような場合もあります。前回は大丈夫だったとしても、今回は肌がかぶれてしまう事もあります。頭皮はとてもデリケートで傷ができていたり、ブツブツとしたニキビなどもできやすい場所です。痛かったり赤みなどの異常がある場合には使用しない方が良いですね。傷が悪化してしまう可能性があります。

成分も問題視されています。法律上は問題はないとされていても、不安要因のものって以外とあるものなんですよ。口から入れて食べるものではないので気にしない人が多い毛染めなのですが、実は髪の毛や頭皮から吸収した成分は体中を回るとも言われています。妊娠中の方や病気療養中の方は医師に相談してから使ってみてくださいね。

白髪染の種名は多種多様にあります、誰もが良いといってても自分にあうかどうか試してみないと分からないものです。良いものが見つかるといいですね。

白髪染めの感想

今日は私が初めて白髪染めをした時の話を聞いていただきたいと思います。

私はもともと黒髪だと毛量も多いので重たい印象になってしまいがちです。そこで常にチャ色のおしゃれ染めをしていました。たいていは自宅でしていたのですが、気がむいた時には美容院でも染めていましたね。実際は美容院で染めた方が綺麗に仕上がる感じはありますが、自分で染めるようになってもなれれば変わらないなというのが思った事です。

年齢を重ねていき、白髪に気づきだしてから増えるまでには数年がありましたが、はじめのうちは数本だったので、見つける度に抜いていましたね、それがどんどん増えていき毛染めの色をこげ茶色に変えました。白髪染めとは違って普通のヘアカラーでも白髪はほんのりと染まります。少し目だたないぐらいにはなるものの、太い毛は逆にキラキラと光ってしまって目立ってしまうのでした。

そこで嫌だった白髪染めというのを試してみましたが、それもあまり染まらなかったんですね。白髪染めに変えたら綺麗に黒い毛のように染まると思ってたのが間違いだったのか?自分で染めたからうまく染まらなかったのか?美容師さんに相談してみることにしました。すると市販の毛染めは染まるものと染まらないものがあるようです。メーカーは教えられないけどといわれてしまいました。美容院では綺麗に染まれるので試してみててくださいと言われたのです。しかし美容院で毛染めをしてみたものの、はじめは思うような色にならなくて白髪というものは、もう綺麗には染められないものだとあきらめていたのです。しかしそんな事はありませんでしたね、選ぶ色というのもあるんですね、明るめの茶色にすると白髪染めであっても染まりにくいです。染まる毛もあるのですが、染まらない毛はそのまま残ってしまうのです。毛質などによって違うものかと思うので、ねこっけのような細い毛の人だったら綺麗に染まるのかもしれませんね。